タイ バンコクの旅でのご飯2

ホテルでのタイ料理だけではなく、ローカルの食堂にも行ってきました 🙂 イーサン料理が食べられる食堂。滞在場所にも近く美味しいので、滞在期間中2度ほど行ってきました。イーサン料理というのは、タイイーサン地方の料理のことなんですって。

 

注文時には、辛味も調節していただきましたよ。
「マイペ」で 🙂

 

 

手前が、「ガイヤーン」
照り焼きのチキンみたいなものですが
これがとっても美味しいんですよ。

 

奥は、グリーンパパイヤのサラダである
「ソムタム」
辛くて、酸味もある、さっぱりしたサラダです。
これも、美味しい 🙂

 

 

こちらは、「ガパオライス」
鶏挽き肉の炒め物とジャスミンライスです。
ガパオライスといえば
目玉焼きが当たり前かと思いきや
卵なしも普通にあるんですね。

 

ちなみに、「ガパオライス」は
鶏挽き肉お豆腐も加え
辛味も抑えたアレンジバージョンで
3月のお料理教室でご紹介いたしますね。

 

 

 

こちらは、別の食堂でいただいた
「カオマンガイ」
鶏肉と鶏肉のスープで炊いた
ジャスミンライスが合わさった
チキンライス

 

昔、シンガポールで食べた
海南鶏飯(チキンライス)が美味しくて。
タイのカオマンガイは、どんな感じだろう?
と楽しみにしていました。

もちろん、お店によるとは思うけど
私の印象では、今回のカオマンガイの方が
あっさりしていたかな。
何よりの違いは、ソースですね。

シンガポールチキンライスは、
甘めのソースもついてきて、
そのソースも美味しかったんですね。

カオマンガイのソースは、辛めのソースのみなので
そこが大きな違いだな〜と感じました。
両方シンプル、とても美味しいです 😳 

 

 

 

別日に頂いた、ココナッツウオーター
そのまんまを 🙂

 

続く 😮 

 

3月クラス詳細はコチラから