ビーツと紫キャベツの和えサラダ

今朝の野菜、レッドビーツ、紫キャベツ、スイスチャードはサラダ仕立てにしました。バルサミコ酢と醤油のドレッシングがピッタリでした。バルサミコ酢は、そのままだと、ツーンと強めの酸味があるのですが、火を入れると甘みが出てくるんですよね。

今日は、火を入れたバルサミコ酢とお醤油に、オリーブオイルを少し加えただけというシンプルなドレッシング。

ところで、今日のレッドビーツはとっても大きくて、甘かった。買うとき、形が悪いからと割引してくれたのだけど、とっても美味しかった。形じゃないんですね〜。

そんな即興サラダを簡単にご紹介 🙂 

〜ビーツと紫キャベツの和えサラダ〜

<お野菜>

  • レッドビーツ    適量
  • 紫キャベツ     適量
  • スイスチャード   適量
  • にんにく      少々(スライスしておく)

<作り方>

  1. レッドビーツは、皮ごとお湯の中で約40分茹でる。
  2. 茹で上がったら、皮をむく。冷たい水にさらすと、手で簡単に皮がむけます。
  3. 冷ましてから、食べやすいお好みの大きさに切る。
  4. 紫キャベツは、食べやすいお好みの大きさに切る。
  5. 温めたフライパンにオリーブオイルとにんにくを加え、にんにくの香りが立ってきたら紫キャベツと自然塩少々を加え、強火でさっと炒めて、バットなどに上げておく。
  6. スイスチャードも、食べやすいお好みの大きさに切っておく。
  7. それぞれのお野菜をボールに入れ、バルサミコしょうゆドレッシングを適量加えて混ぜ合わせたら出来上がり。

 

話は変わり、今日のお料理を盛り付けた器は、陶芸家の友人、長谷川泰子さんが先日実行委員をしていた陶ISM夏の陶芸フェスというイベントに出店されていた、「Awabi ware」の岡本純一さんという陶芸家さんの作品。

明るい色の器がほしいなと思っていたところ、このアイボリーカラーのオーバル皿と出会いました。サイズも気に入って 😳  写真では伝わりづらいと思うのですが、質感もとても好みで、和でも洋でも、ご飯でもおやつでも合いそうです。